地味男がハロウィンに参加したらこうなる(後編)

kosu

—後編—

 

地味男、5分でメンタルをやられる

abemario

僕の仮装はこれです↑

か、完璧なる安倍マリオ・・・

靴だけ自前なのでダッサイですが、なかなかアリですね。てか顔こえぇ・・

 

僕はこの格好で、そしてSくんは普通に私服で、街へ出ました。

 

が、しかし!!

5分足らずで僕らのベースキャンプ(Sくんの車)へ帰ってきました。

なぜ帰ってきたかって?それは、

Sくんが僕の隣を歩くことに耐えられなかったからです。

 

僕はマスクを被っているので顔バレしませんが、Sくんはモロ顔を晒しています。と言うかいつも通りのSくんです。

そして彼の役割は総理秘書。常に私の隣を歩く存在。

 

どうでしょうみなさん。

この安倍マリオの隣を歩きたいですか?

 

なにが悲しくてこんなキチガイと一緒に歩かなければいけないんだ。

そう思って当然ですね。はい。

 

 

交渉、そして混沌の街へ

このまま帰ってしまっては、何の結果も残せない。

せっかく総理が静岡に降り立ったのだ、街頭演説のひとつでもしてやろうじゃないか。

 

そんな交渉をすること10分。

なんとかSくんのモチベーションを復活させることができました。

 

お互い腹をくくり、

なんとしてでもパリピになってやる!

そうだ!俺らは地味男じゃない!イケイケパーリーピーポーだ!

そう自分たちを洗脳し、再び街中へ繰り出しました。

 

時刻は20時すぎ、ラッキーなことに先ほどよりも仮装をした人が増えていたので歩きやすくなっていました!

とはいえ大都会東京などと比べると、やはり静岡は田舎。

合計で100人くらいいるかな?ってくらいで、ほとんどは道行く一般ピーポーでした。

 

しかしまあ、イベント会場でもなんでもない普通の道に、コスプレした人が何人も出没するもんなんだね。

単純に驚きですよ。

今の日本はこんなことになってるんだね。こりゃ批判する人も多いわ・・・

マリオの格好をした23歳が何言ってんだって話ですけどね。

 

地味男、パリピになる

覚悟を決め再び街に繰り出した僕たちは、完全に人気者でした。

 

安倍感を出すため、好奇の目で見てくる人に手を振り、可愛い女の子がいたら手を差し出し握手を求めます

常識的に考えてくっそキモいですが、ハロウィンムードの街は寛大でした。

 

コスプレをしている女子は高確率で握手に応じてくれ、写真も撮りまくりました。

そして作戦通り、QRコードの付いたカプリコをひたすら配って歩くことにも成功!

 

ほ、ほんとにっ!

高校時代にジミーズの頂点と呼ばれた僕でさえ、パリピとウェイウェイできるじゃん!!

ハロウィン最高!!

 

地味男 VS ハロウィンパリピ

しかし、やはりパリピは苦手です。

現れたのは、イケイケ系金髪傷メイク男集団。こ、こえええええええ”!!!!

しかし、絡みに来たのでシカトはできず。

内心ビクビクしながらマリオのモノマネをしたらやり過ごせました。

死ぬかと思った・・・ 兄ちゃん怖いよ・・・

 

他にも、死神とかリュークとかフリーザとかもいました。絡まなくて良かったです。

 

男パリピだけではなく、女の子も案外鬼畜でした。

素直に「カプリコうれしい!」って言ってくれる可愛い子もいましたが、

「え、QRコードとかガチじゃん・・・」とか言ってくる子や、

握手を求めたら「うわぁ!!」と叫んで全力で逃げる子もいました。

 

気持ちは分かるよ、うん。

確かに怖いもんね安倍マスク。俺が嫌われてるわけじゃないよね!うん!

まあ、QRコードはガチだから頷くしかないんだけど。

 

そんなこんなで時刻は10時半。

終電もあるので引きあげです。

 

帰宅、そして疲弊

数えてみると、カプリコは76個配れたみたい。

目標の100個には届かなかったものの、十分でしょう。

 

そして、美女と夜を共にすることもなく、明日の仕事のため素直に帰宅。

帰りの電車の中で「安倍マリオやばかった」という話が聞こえたときは焦りましたが、靴以外は全く別物だったのでバレることもなくスルーできました。

 

あんな目立つコスプレしてたのに、中身はこんな地味男かよ!

なんてツッコまれたかないんでね。。

 

 

帰ってみると、満足感よりも疲労感の方が大きかったです。

可愛い女の子と喋り、写真を撮り、LINEを教えることができたのは良かったけれど、やはり本能ではパリピに抵抗があるみたいです。

ウェイウェイやるのも楽じゃないんだな・・・

 

集団で騒ぐよりも、少数の深い繋がりを持つ方が性に合っているんだろうなあと思いました。

 

とはいえ、写真はいっぱい撮ったぞ!!

パリピ感あふれる想い出ができたぜ!!

ウキウキしながら写真を見返すと、そこには安倍マリオの姿が。

 

jk

 

そ、そうじゃん

安倍マリオの中身が俺だってわからないじゃん・・・!

 

写真によっては、ちゃっかりSくんは素顔で写ます。しかし、俺が俺じゃねぇ。

顔出しのリスクを避けたから当然だけど、せっかくコスプレ女子と写真を撮ったのに、まるで自分ではないようだ。。

 

地味男、元の世界へ帰る

そんな感じで、ハロウィン否定派だったブサメンコミュ障地味野郎がパリピに紛れてウェイウェイすることができました。

楽しかったけど、なにか満たされません。

 

楽しいことが終わったから というよりは、自分が本当に求めているのはこういう楽しさよりも平穏なのかもしれないなあと感じたから でしょうか。

 

がしかし、たまにはこういうイベントに出るのも良いものです。疲れるけど。

こんなにたくさんの女の子と写真を撮ったのは人生で初めてさ。

 

ということで、

  1. 地味男でも、度胸と勇気があればコスプレ美女と写真を撮れる
  2. 陰険男子が無理してパリピぶると、精神的にツラい
  3. ハロウィン否定派も、やってみると案外楽しめる

ということが分かりました。

 

あ、一応言っておきますがゴミのポイ捨ては絶対にしていません

QRコードの紙も確実にホチキスで留め、女の子にも「捨てるならゴミ箱に」と言ったので、大丈夫だと信じています。

また、信号もキチンと守りました。コスプレも何もしていない人がバンバン無視している赤信号でもしっかり止まりました。

コスプレをしているからこそ、細心の注意をすべきでしょう。

 

まあ当たり前なんですけどね。

ハロウィンであろうとなかろうと、ポイ捨てとかするヤツは人として終わってます。

 

 

といった感じで、

当日の思いつきだけで行動しましたが、ノってしまえばすごく楽しむことができました。

写真撮ってくれた人たちありがとう!!

 

地味な人コスプレにちょっと興味あるけど抵抗がある人パリピ嫌いなどなど、ちょっとでも今後の参考になれば幸いです。

 

ということで、パリピっぽいことしたけど心からパリピになりきれない根っからの地味男、まっちゃんでした。

 

 

 

 

 

ちなみに、LINEを配った76人のうち、友達になってくれた人はゼロでした。

ハッピーハロウィン。